« 井戸の架台 | メイン | 大黒柱の威厳 »

居間の欄間

2011年3月8日

左官屋さんが塗り下地の調整をしている上に扇のようなデザインの欄間が見えています。

この欄間は玄関と居間の両側から見えることとなり、その上の木造の軒裏をモチーフにした勾配天井も同じく玄関から居間に向かって勾配で上っていくデザインになっています。

設計図ではこの勾配天井が居間と玄関の両側から見えるように欄間部分はトーメーの硝子を入れる計画になっていました。
こちらは計画通り取り付けられますが欄間の下にはアッパーで欄間と天井を照らす照明が取り付くことになっています。

建築主さんは居間と玄関が一体感の演出よりも伝統工法の象徴的な格子の通風できる欄間をここに配置して欲しいという思いが強かったようです。

結果的にはアッパーの照明は建築主さんの意図の反映を強調するようなデザインに変更されたのです。

欄間の扇の一部を切り取ったような形は設計者のプランを取り入れていただきました。

左官工事の下地が進行する中では打ち合わせでの決定事項が現実化してくる楽しみもあります。


ranma_110308.jpg

Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.