« 納戸の壁の向こう側 | メイン | 小屋裏の物置の使い方 »

寝室の天井

2011年2月28日

寝室の天井が張りあがりましたので仕上がり状況を見せてもらいました。

設計図ではケイソウシックイの塗り仕上げになっていましたが、建築主さんの要望もあってタモの突き板を目スカシに張ることになりました。

突き板とは合板の基材に薄皮のタモ板を張り上げたもの、この脇に並ぶ壁収納の仕上げ材に合わせて素材の種類を限定して内装をシンプルにしたいというのが変更提案の理由でした。

建築主さんはもっと凹凸感のあるものがこの部屋に似合うとイメージしてみえたようですが、結果的には良かったようです。

歴史的な伝統工法の内装では無垢材のボリュームを強調することが多く、懐かしさを感じるのですがそこに数奇屋の軽快さを埋め込むことを意識するようにしています。

bedroom_110228.jpg

Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.