« クロスの仕上げ | メイン | 茶室とのバランス »

杉の天井板にも歴史が浸み込んでいる

2011年2月28日

画像から杉の天井板の張り上げる様子が分かりますか。

クロスなどの糊付けで仕上げる場合は、プラスターボードや合板を下から天井の下地にビスで打ち上げておいてからパテ処理後張り上げるという流れです。

この現場では仕上げは杉の無垢板、ご覧のように大工さんの頭は天井下地の上にあるように下からではなく上から固定していくのです。

杉板の下に通るのは杉の竿です、天井隅にあるのは廻り縁、これらの部材で杉の板は支えられています。

下から固定するのではなくて上に置く感覚ですね、張り上げた最後は大工さんはどうするの?・・・・は「地下鉄はどこから入れたの?」の疑問とよく似ています。

自然素材である無垢の素材というのは仕上げを傷つけないとか動きに追従できるようにといった先人の工夫がこんなところにも生きています。

それでいて伝統的な美しさを感じさせる、歴史の重みを感じてください。

玄関の勾配天井も同じ要領でしたが、勾配があって玄関から居間まで繋がる長さを納めていただいた大工さんに感謝したいところです。

tenjyo_110228.jpg

tenjyo_110228-1.jpg

Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.