« 通用口やテラスの仕上げ | メイン | テラスの石張りや門の基礎 »

物干しスペースや広縁踏み石周囲

2011年2月12日

車庫脇の玄関への通用口、その北側に囲むヒノキの格子はアルミ庇を利用して作った物干しスペースが隠れています。

またここにはガスボンベも置きます。

この日は塀の上部の板金工事を職人さんが進めているところでした。

hei_110212.jpg

広縁の南側、踏み石は既設のままのものを生かして犬走りをミカゲ石で仕上げました。

広縁の床下は外気が入り込む構造、床が束石と束柱で支えられた状態でした。

東海地方の伝統的な木造ではよくあるデザインです、見えていないですが地中梁と耐力壁に変身しています。

また室内をより暖かく涼しくするためにアイシネン断熱材に包まれています。

足元のコケは建築主さんが大切にメンテナンスしてみるもの、一時期は元気を無くして茶色でしたが緑色に戻ってきているようです。

hei_110212-1.jpg

Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.