« 北庭の工事開始 | メイン | 北側よりの見え方 »

杉パネルの取り付け

2011年5月14日

居間の吹き抜けには2階廊下の手すりがありますが、手すりは壁を起こして廊下側はオープンの可動棚にして本などの化粧の収納として、吹き抜け側は杉のパネルを張る計画になっていました。

杉のパネルは無垢材の杉を厚さ37mmの縦に継ぎ合わせた集成材になっており、化粧で使用しても無垢材でありがちな反りが出ることも無く、ご覧のような杉特有の赤身と白身のやさしい木目が交互に出ています。
他の部分の珪藻土の塗り仕上げとマッチさせると落ち着きのある空間を作ってくれて、実はよく採用する手法です。

この日は現場で仮に取り付けてみて手すりや棚、壁との納まりの具合を打ち合わせしにきました。

sugi_110514.jpg


Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.