« 丸太の復権 | メイン | 階段の取付け »

配管の維持管理

2011年4月30日

住宅の人体の循環器のような存在、給水管や給湯管は配水管に比べると何らかの事情で交換や点検の必要が出てくる場面があることでしょう。

地下の物置は居間の前のホールの床下、ユニットバスやトイレなどの並ぶ隣に位置しています。

ご覧のように地下の物入れからはこれら設備のサヤ管の集合部分、ヘッダーが納められており、いつでも見える状態にしてあります。
どの配管がどこのものかをネーム入りで表示されているのが分かるでしょうか?

もちろんそれらの点検や修理が頻繁に起こっては困るのですが、基礎断熱では床下は室内空間で外気が入ることは少ないため、あえて床下を覗けるような構造にしたということです。

なお壁は外せるような施工をして仕上げておく予定で、画像は工事中のものです。

haikan_110430.jpg

haikan_110430-1.jpg


Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.