« 庭園の素材 | メイン | 配管の維持管理 »

丸太の復権

2010年11月22日

2階の小屋組は丸太で2段に組み上げられており隠れた部分で建物を支えていた縁の下の、否、屋根の下の力持ちでした。

2階の天井高さは伝統工法に見られがちな低めの天井だったことも踏まえて、リフォームではヒノキの無垢板でご覧のように勾配をつけてチョーナ(寺院建築などで使われている手カンナの一種)で削ったように丸太を見せてやることにしました。

ちなみにその下にはそれを受けているケヤキの大黒柱も見えてインテリアを力強くしています。

設計段階で小屋裏を見せていただいたときから、こうしたいという思いがこの日に実現することになったということです。

maruta_101122.jpg

Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.