« 外壁吹付けと戸袋 | メイン | 化粧格子は耐力壁 »

内装下地の進行具合

2011年4月26日

内装の下地については、シックハウスが問題になってからは、特にプラスターボードや無垢材、珪藻土類のような規制対象外で揮発系有害物質成分配合の可能性の低い材料を使っています。
材料メーカーもそのような素材のバリエーションを増やす傾向にあり、良い傾向ではないでしょうか。

壁や天井の下地はヒノキ柱にプラスターボードやラスボード、床はF☆☆☆☆の合板下地に無垢の根太です。

1階の中央部に位置する吹き抜けのある居間にもカバのフローリングが張られてゆき、部屋ごとの輪郭が浮かび上がってくる段階にきています。

flooring_110426.jpg

flooring_110426-1.jpg


Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.