« 玄関の縁板 | メイン | 階段の加工 »

杉パネルの仕上げ

2011年4月19日

居間の吹き抜けの2階廊下となる上部には、杉の化粧パネルの一種で「Jパネル」という水平構面材として水平方向の剛性を確保できる製品を使用します。

構造計算では吹き抜けのこの位置に取り付けることによって、吹き抜けによる剛性の低下をフォローできることが確認されています。

杉パネルの美しい杢目も気持ちのいいものですが、構造上の安心感と小屋裏にちょっとした物置が出来るという嬉しい一面の見逃せません。

素材は杉の無垢材ですから、完全な無地というわけにはいきませんが、癒してくれる香りや色はやはり好きですね。

sugipanel_110419.jpg

sugipanel_110419-1.jpg

Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.