« 家具工場の見学 | メイン | 杉パネルの仕上げ »

玄関の縁板

2011年11月15日

ケヤキ材の玄関の縁板は、取り付け方法と寸法を現場で決めておき、工場にて部材塗装と加工組み上げた上で、現場では取り付けのみです。
ケヤキは杢目が美しいのですが永い時間経過で狂いが出ることがあるため、ボルトなどの金物でキッチリ固定する必要があります、そして万が一狂いが出た場合のメンテナンスの方法も決めておきます。

それらしさが生かせるようにと考えてケヤキの杢目のように曲線的な裁断をお願いしてありましたが、ご覧のように美しく出来上がっていました。

現場に搬入する前に工場へお邪魔して出来具合を確認に来た日でした。

enita_101115.jpg

enita_101115-1.jpg

Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.