« 2階の屋根断熱 | メイン | 軒樋のそり具合 »

アイシネン吹込み

2011年2月23日

断熱材のアイシネンを外壁内全周、屋根面全面に吹き込む日です、画像はアイシネンの吹込み専用カーです。

aisinen_110223.jpg

正面が建物の西側の和室となる外壁側、左手がベランダの下面の吹き込み部分が見えています。

柱のサイズ120の厚みまで吹き込んで発砲してはみ出た部分を包丁のお化けでそぎ落としているところです。

信じられないかもしれませんが99パーセントが空気です、断熱は空気の力である証拠のような数字でしょう、軽いから躯体への重量負担はほとんどありません。

aisinen_110223-1.jpg

2階の吹き抜けから北面を見ています、他の発砲系の断熱材との大きな違いは空気を包む気泡の形です。

ひとつひとつの気泡は独立してはいません、連続性があるためにその中に水蒸気となった水分がとどまら無いという点です。

木と同じく呼吸をして結露を起こすことが少なく断熱性を確保するのはアイシネン以外にはないようです。

aisinen_110223-2.jpg


Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.