« 足場を解体して全景 | メイン | 銘木の検査 »

モクマドの取り付け

2010年10月26日

サッシは旭化硝子の「モクマド」という製品を採用しました。
無垢材の木製サッシは木製建具工場がオリジナル製品をいろいろ見つけていましたが、室内の気密を高めるという目的が阻害されては「室内は快適に」というわけにはいかなくなる恐れがありますから、やはり狂いの無いアルミサッシ枠で気密等級A4という性能を保証していたこの製品に落ち着きました。

ご覧の画像は広縁の部分のモクマドが取り付けられたところです。
設計者としては既存の納まりの様にケヤキの化粧無目の梁にモクマドを取り付けたかったのが正直なところですが、残念ながらこれも将来の狂いや気密を考えて外部からはサイディングで包むという形にしました。

欄間の部分は、モクマドでは框が大きいので従来のアルミサッシとしましたが、後ほど建築主さんの提案もあり木の色に着色することになりました。

どちらも結果はそれほどの違和感はなかったのが救いでした。

mokumado_101026.jpg

こちらは完成すると北方向と東方向に視界が大きく広がることになる、居間のモクマドです。
モクマドの設計限界を気にしつつなるべく大きなものにしました。

mokumado_101026-1.jpg


About

2011年07月25日 05:54に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「足場を解体して全景」です。

次の投稿は「銘木の検査」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.