« 解体残存部分 | メイン | 木材検査 »

基礎コンクリートの打設

2002年2月20日

コンクリートの打設の日です。

スランプ(コンクリートの硬さ施工性)、空気量(コンクリート内の空気の量、密度)、塩分濃度(コンクリート内の塩分割合、塩分が入っているとアルカリのコンクリートには最悪)、温度、など打設するコンクリートを現場で確認します。

品質に問題のあるコンクリートのことでマスコミを騒がせることのある昨今、住宅では現場で品質を確認することの少なくなった現状に反して、偽装問題の根絶に協力しようと頑固にこのテストを実行しています。

他の建材とは違いコンクリートばかりはこの段階での品質確認が大切です。

kon_020220.jpg

About

2011年03月07日 08:16に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「解体残存部分」です。

次の投稿は「木材検査」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。



にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

Copyright 2006 © (株)すぎはら設計 All Right Reserved.